MENU

 まったく彼女とか作った経験もないから、23年間はムラムラしっ放しです。
毎日オナニーをしながら、女の子の体ってどんな感じなんだろうだとか、フェラされるってどういう感覚なんだろうって妄想を膨らませていたのでした。
女の子のあの口でフェラされるって、何とも言えなくエロい行為ですからね。
それ考えるともっとムラムラした気分が激しくなっちゃって、ビンビンのチンチンの激しくシコシコやってしまっていました。
なんで皆んな気軽に女の子とお喋りできたり、お付き合いができるんだろうって、とても不思議に思えてしかたがなかったのです。
モテたことはない僕としては、女の子に対しての接し方というものもよく分かっていないのです。
女の子と親しくなれるようになったら、恋人作ったりセックスも簡単にできるようになるんだろうとは思うのです。
でも非モテだし、何だか女の子って怖いって印象もあるんですよね。
だからこそ積極的に、仲良くなっていく事ができなかったのです。
それに初めてセックスする時なんか、失敗してしまったら?というような怖さも感じてしまうんですよね。
もし相手が嫌な顔したりとか、怒ったりとか馬鹿にされたりとか、そういう態度に出られたらと思うと震えが来てしまいます。
そうは言ってもやっぱり欲求不満ですから、快楽は味わいたいと思うものです。
タップリフェラしてくれる彼女がいたらな、そんな妄想は膨らむばかりという感じでした。
そこで思いついたのは、フェラされる関係だけだったと言うものです。
これならセックスも失敗というものも考えなくもすむので、純粋にフェラしてほしいと言う考えを持つようになっていきました。
一方的にフェラされたい、それで発射してみたいなんて妄想が著しく激しく燃え上がってしまっていたのです。